【まとめ】ライブコマースを撮影・配信する際に便利な機材ベスト3

2019/10/17

ライブコマースを撮影するときのオススメの機材を紹介いたします。

カメラ

高品質なライブ動画を撮影するカメラとしてオススメなのは、パナソニックのLUMIX Gシリーズの一眼レフ。パナソニックのGシリーズは動画に強く、出力フォーマットの豊富なのでライブコマースには最適です。

LUMIX GH5
LUMIX GH5

スイッチャー

ライブ配信の表現力を最大化するためには、スイッチャーが欠かせません。スイッチャーを使うことで、複数台のカメラを切り替えて使ったり、一画面に複数のカメラからの画像を出力したりと、様々な表現が可能になります。
オススメは、ローランドの「V-1HD VIDEO SWITCHER」。13万円と高額ですが、操作も簡単で購入して損することはありません。

V-1HD.png
ローランド V-1HD VIDEO SWITCHER

入力専用キャプチャーハードウェア

スイッチャーからの映像を綺麗にPCに入力する、入力専用キャプチャーハードウェアとしては、Blackmagic Design UltraStudio Mini Recorder がおすすめ。より滑らかな映像を入力します。

ultrastudio-mini-recorder
Blackmagic Design UltraStudio Mini Recorder

オーディオインターフェース

ライブコマースでBGMを挿入するなら、オーディオインターフェースを活用すると便利です。おすすめの機材は「STEINBERG/UR22mkII」。音楽は著作権フリーの素材を活用すると良いでしょう。

PR:ライブコマースのことなら「Moffly」。ライブコマースのノウハウをお伝えしています。

株式会社Mofflyの提供する「TAGsAPI」は自社ECにライブコマース機能を導入できるクラウド型ライブコマース・サービスです。数行のコードをHTMLに書き加えるだけでライブコマース機能を実装できます。

api_lp_03

お問い合わせはこちらから