TAGsAPI

 

ライブコマースとは!?日本の市場規模や成功事例完全解説

2023/01/26

ライブコマースとは何か、日本の成功事例完全解説。

今から知っても間に合うライブコマースについて完全解説します!

ライブコマースとは?

ライブコマースとは、LiveとCommerceを組み合わせた造語です。Live(ライブ)生配信、コマース(Commerce)取引。

ECサイトとライブ配信を組み合わせたサービスになります。 ライブ配信の動画を活用してユーザーの購買を促す新しいオンライン販売の形です。
リアルタイムで配信し商品やサービスを紹介。コメント機能を通じお客様の質問にその場で答えていき、画像だけでは伝わりにくい商品の使用感がわかりやすくなり革新的なサービスであり日本で盛り上がっています。

日本のライブコマース市場規模

経済産業省が毎年公表している、「電子商取引に関する市場調査」によると日本のBtoCにおけるEC市場規模は2019年時点で約19.0兆円まで成長しています物販分野では右肩上がりになっており今後も安定してEC化率は向上することが期待できます。

ライブ配信市場は日々成長しており、日本で2024年には10兆円規模の市場になると言われ、5G・Wi-Fi6が普及することで動画視聴に適した通信環境に変化し、ライブコマースを導入する企業も増えてきました。今後もメタバースの普及などでライブコマースは今後もさらに普及すると考えられています。

日本のライブコマース成功事例

百貨店
ある百貨店では、ライブコマースを利用した美容品の販売が好調です。ショップスタッフやモデル、インフルエンサーが出演し、視聴者の質問に丁寧に答えることで、ファンの創出や売上向上に貢献しています。使用感が画面ではっきりと伝わります。大手のハイブランド企業も導入しています。

アパレルメーカー
ライブコマースは、アパレルメーカーにも活用されています。あるアパレルメーカーでは、コロナをきっかけに物販のライブコマースで、最大9,000人の視聴者を集めることもあるそうです。