【マーケター必見!】人気ライブコマース・サービス11選を徹底比較

2018/10/19

live-streaming

YouTuber事務所のUUUM株式会社の参入や、俳優の山田孝之さんがライブコマースの会社を立ち上げたり、認知度が上がってきているライブコマース。今回は、そんなライブコマースの代表的なサービスを紹介していきます。

※更新履歴
2019年10月16日:一部サービスが終了となったため、情報を更新しました。
2019年11月29日:サービスが追加となったため、情報を更新しました。

pr2plus-2-04

ライブコマース・サービスとは?

Woman streaming live from home

ライブコマースとは、ライブ動画を活用したeコマース・サービスのことです。ECとライブ動画を組み合わせてお客様にアプローチすることで、お客様の購買意欲を高め、売上増加につなげることがことができます。ライブコマースの歴史は意外と短く、日本で本格的にサービスが立ち上がったのは2017年頃からですが、すでに多様なライブコマース・サービスが提供されています。

ライブコマースの概要をご紹介した記事はこちらです。

ライブコマースのメリット

ライブコマースを活用すれば高い収益性やPR効果を期待できることはもちろん、画像や文字では伝えきれない商品に関する多くの情報をお客様に伝えることができます。また、リアルタイムなコミュニケーションを通じてお客様の疑問を解決したり、提案型の販売をすることも可能です。

海外(特に中華圏)でも人気のライブコマース

live-china.jpeg

欧米圏ではあまり盛り上がりを見せていないライブコマースですが、中華圏では大きな盛り上がりを見せています。ライブコマースは中国・台湾・タイの3カ国にて人気があり、それぞれの国によってライブコマースの配信方法や配信内容が大きく異なります。

中国

  • 「天猫(Tmall)」と「京東(JD.com)」を中心に展開
  • KOLやスターが出演する
  • 売り上げ規模が大きい
  • PR目的でライブコマースを活用している

台湾

  • Facebookを中心に展開、購入は別サイト
  • 主婦がターゲット、高額商品も販売

タイ

  • Facebookを中心に展開、購入は別サイト
  • 中小企業にてライブコマースが活用されている

海外のライブコマース事情をご紹介した記事はこちらです。

日本でも増えるライブコマース活用事例

live-image

日本でもライブコマースを活用する企業が増加しています。

ファッションビルのルミネ実施したコーディネートを紹介するライブコマースや、インフルエンサーが旅行先でセレクトしたファッションアイテムを紹介するライブコマースなど、ファッション分野での活用が目立ちます。

ファッション分野以外では、乗用車を販売するライブコマースを三菱自動車が実施しています。ライブコマースのメリットは様々ですが、商品の細かな内容を伝えることができるのはライブコマースの大きなメリットの一つではないでしょうか?消費者は高額な商品であればあるほど、細かなスペックや作りを確認します。三菱自動車が実施するライブコマース「ナイトショールーム」では、販売する乗用車の細部の映像や、開発者・ゲストのトークをライブ配信することで、乗用車の購入を検討する消費者の購入意向を向上させます。

ライブコマース活用事例を紹介した記事はこちらです。

ライブコマース・サービスの全体像

2018年版
(TechCrunch:急拡大するライブコマース市場の全体図、2018年版カオスマップが登場

まずは、ライブコマース・サービスの全体感を知るためにカオスマップを見てみましょう。こちらのカオスマップはライブコマース・サービスをマッピング・整理したものです。

ライブコマース・サービスの主流は「ECモール型」と「キュレーション型」ですが、企業ECにてライブコマースを実施する際に「SaaS型」のサービスを利用するケースも増加しています。また、特定の領域に特化したサービス(「越境EC型」や「クラウドファンディング型」など)も多く登場しています。

さらに、「ライブコマース運用支援」サービスも存在し、ライブコマースを実施時に支援が必要な場合は活用すると良いでしょう。

ライブコマース・サービスの分類

Beauty blogger present beauty cosmetics sitting recording video camera. Beautiful woman use powder while review make up tutorial broadcast live video to social network. Panoramic banner background.

ライブコマース・サービスはアプリ(ECモール型とキュレーション型)とSaaS型の2種類があります。目的に応じてサービスを使い分けると良いでしょう。

種類 タイプ 特徴
アプリ ECモール型
  • 法人に対して出店できる機能を提供する
  • 配信は出店者が行う場合が多い
  • 売り上げに対して手数料がかかる場合が多い
キュレーション型
  • 委託販売を行うサービス(オンライン・セレクトショップ)
  • サービスプロバイダーが在庫を抱える場合もある
  • 配信はサービスプロバイダー側が行う
  • 売り上げに対して手数料がかかる場合が多い
SaaS型
  • 法人向けにライブコマース機能を提供するサービス
  • 自社ECにてライブコマースを実施できる
  • 自社ECを顧客接点として重視する企業におすすめ

アプリを主体としたライブコマース・サービスの特徴

Businessman drawing APPS concept
アプリを主体としたライブコマース・サービスにはECモール型とキュレーション型の2種類があります。

ECモール型は、メルカリに代表されるサービス形式で、法人が出店・販売できる機能を提供しています。撮影・配信は基本的に出店企業が行います。商品が売れた場合は、販売手数料を支払う必要があります。

一方、キュレーション型は、LiveShop!に代表されるサービス形式で、オンライン上のセレクトショップのようなサービス形態です。撮影・配信は基本的にサービスプロバイダー側が行います。

アプリを主体とするライブコマース・サービスの選定基準はMAUの多さとユーザー属性です。販売する商品と相性の良いユーザーが利用するアプリを選択しましょう。

SaaS型ライブコマース・サービスの特徴

SaaS

ECサイトやアプリにライブコマース機能を埋め込むことができるサービスです。導入企業は自社ECにてライブコマースを実施できるので、自社ECを顧客接点として重視している企業にはSaaS型で自社ECの顧客接点をさせると良いでしょう。

ライブコマースの導入方法を紹介した記事はこちらです。

ライブコマース・サービス11選

TAGsAPI

ライブコマース機能を自社ECに簡単に導入できるSaaS型(ASP)のサービスです。1回の配信で1000万円以上売り上げる導入企業もあります。

dot-st-img.png
TAGsAPI 実装例
  • 運営会社:株式会社MOFFLY
  • 配信開始日:2018年4月23日
  • サービス形態:SaaS型
  • 配信者:ブランドのイメージモデル、ブランドの販売員、インフルエンサーなど

ライブコマース 機能を自社ECに簡単に導入できます。HDでの配信が可能。配信ノウハウに不安に不安がある企業には配信サポートもあり、導入企業には三越伊勢丹、ビックカメラ、ナルミヤ・インターナショナルなど大手企業があります。店舗やショールームからの配信など、多様な配信コンテンツがあります。

Yahoo!ショッピング LIVE

Yahoo!ショッピング LIVEはYahoo!ショッピング内のライブコマース機能です。

YahooShoppingLive
Yahoo!ショッピング
  • 運営会社:ヤフー株式会社
  • 配信開始日:2017年11月05日
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)
  • ユーザー属性:中高年層、女性
  • 販売商品:オールジャンル
  • 配信者:Yahoo!ショッピング出店者

Yahoo!ショッピング LIVEで配信を行うには、出店者アカウントが必要になります。

モデルの藤田ニコルさんが、自身がプロデュースしたアパレルブランド「NiCORON」を配信したり、メ~テレの通販事業「メ~コレ」が原口あきまささんとミラクルひかるさんを配信者としてライブコマースを実施したりと、話題性のある取り組みを行なっています。

また、有名人以外にも、「イーザッカマニアストアーズ」などの有力店の配信も行われています。

ヤフオク!ライブ

ヤフオク!ライブはヤフオク!内のライブ機能です。

yahuoku-live
ヤフオク!
  • 運営会社:ヤフー株式会社
  • 配信開始日:2018年9月10日
  • サービス形態:アプリ(ECモール型、オークション)
  • ユーザー属性:30〜50代、男性
  • 販売商品:中古品など
  • 配信者:ヤフオク!出品者

ライブ動画で出品している商品を説明出来るサービスで、ライブ機能を利用することで商品がより多くの人の目に止まりやすくなります。ヤフオク!運営サイドで日替わりのテーマが設定されており、テーマに沿った商品を出品しライブ配信する取り組みが行われています。

SHOPROOM

アイドルやアーティストが多くライブ配信を行うSHOWROOM内のライブコマース機能です。

shoproom
SHOWROOM
  • 運営会社:SHOWROOM株式会社
  • 配信開始日:2016年9月7日
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)、ただし単発の配信が多い
  • ユーザー属性:18~34代、男性が多い
  • 販売商品:タレントグッズ、アパレル
  • 配信者:タレント、モデル、販売員

SHOWROOM株式会社が運営するライブコマース・サービスで、ユーザー層が若いことが特徴です。乃木坂46の北野日奈子さんが写真集を販売したり、元°C-uteの萩原舞さんが自らプロデュースした「With Mii」オリジナルTシャツを販売したりと、有名人による配信が多く、話題性のあるコンテンツが数多くあります。

LiveShop!

ライブコマースの先駆け的サービスで、日本でいち早くライブコマース・サービスを提供を開始しました。

liveshop
LiveShop!
  • 運営会社:株式会社 Candee (キャンディ)
  • 配信開始日:2017年6月7日
  • サービス形態:アプリ キュレーション型とECモール型の両方のサービスを提供
  • ユーザー属性:20~30代、若年層に強い
  • 販売商品:アパレル、コスメ
  • 配信者:タレント、インフルエンサー

株式会社Candeeは自前の撮影スタジオを持ち、企画・撮影を行なっていますので、ライブ動画のクオリティの評判が高いのが特徴です。最近、法人向けにアカウントも解放しています。企画力にも定評があり、AKB48グループメンバーや峰松蓮氏が出演するライブコマースやライブコマースを活用した逆オークションなど独自性のある企画を実施しています。

AbemaTV

最もTVショッピングに近いテイストのライブコマースです。AbemaTVの豊富なユーザー数を活かした集客力が強みです。

abematv.png
AbemaTV
  • 運営会社:株式会社サイバーエージェント/株式会社LIVE STA.
  • 配信開始日:2018年2月1日
  • サービス形態:アプリ(キュレーション型)
  • ユーザー属性:20~30代、男性が多い
  • 販売商品:コスメ、食品
  • 配信者:タレント、芸能人

AbemaTVの一番組として配信しています。株式会社LIVE STA.が8月20日からAbemaTVの「K WORLDチャンネル」内の1番組として『KANCOS HOLIC(カンコスホリック)』を開始しており、韓国コスメを販売しています。AbemaTV内では購入できず、商品は別サイトで購入する方式です。

CHECK(チェック)

DELISH KITCHENを運営する株式会社エブリーがau(KDDI株式会社)と共同で運営するライブコマースサービスです。

check
CHECK
  • 運営会社:株式会社エブリー/KDDI株式会社
  • 配信開始日:2018年8月9日
  • サービス形態:アプリ(キュレーション型)
  • ユーザー属性:20~50代女性
  • 販売商品:日用品、便利グッズ、家電など
  • 配信者:モデル、ミュージシャン

エブリーがもつ動画コンテンツ制作力と、KDDIグループがもつコマースサービス基盤や決済サービス基盤との融合することで実現したライブコマースサービスです。これからはWowma!(ワウマ)との連携も深まっていくものと考えられます。

C CHANNEL

20~30代女性ユーザーの多い縦動画メディア「C CHANNEL」内のライブコマース機能です。

cchannel
C Channel
  • 運営会社:C Channel株式会社
  • 配信開始日:2017年7月14日
  • サービス形態:アプリ(キュレーション型)
  • ユーザー属性:20~30代、女性が多い
  • 販売商品:タレントグッズ、アパレル
  • 配信者:アイドル、モデル、インフルエンサー

韓国のボーイズグループ「Wanna One」が写真集とグッズをライブコマースで販売したり、サマンサタバサジャパンリミテッドがファッションブランド「Samantha Thavasa」を販売したりしています。
C CHANNELのイベント「Super! C CHANNEL 2018」と連動したライブコマースも実施しています。

Cocokara LIVE

九州の名品・逸品を紹介するライブコマースアプリ。

cocokara.png

  • 運営会社:株式会社OVER D-LIVE/オーヴァードライヴ
  • 配信開始日:2018年10月
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)
  • 販売商品:九州の名産品
  • 配信者:九州の生産者

配信者は九州の生産者に限定。九州の配信者が「九州の名品」の魅力を全国に発信している。

BASE LIVE(ベイスライブ)

80万店舗の利用実績を誇るネットショップ作成サービスのBASEが提供するライブ機能。

base

  • 運営会社:BASE株式会社(BASE, Inc.)
  • 配信開始日:2017年9月
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)
  • 配信者:BASE出店者

「ライブだから、もっと伝わる。」をコンセプトにベイスのショップオーナーが取扱商品の魅力をお客様に発信しています。中小規模ECが対象顧客

Taobao(タオバオ)

中国のNo1ライブコマースアプリです。ライブコマースの火付け役的存在です。

taobao.png
淘宝網

タオバオはC2CのEコマース・サービスのイメージがありますが、実際は中小企業から大企業まで出店する総合ECモールです。有名人だけでなく一般人もライブコマースを実施しています。ユーザーが多いので、一般人でも定期的に配信することで数千人以上の閲覧者を集めることができます。

有名人を起用した本格的なライブ配信から、一般の個人商店の手作り感あるライブ配信・インフルエンサーがオススメの商品を紹介するライブ配信まで、様々なライブコマースが配信されています。

日本から中国市場に向けたライブコマースを実施する動きも広がっています。ロクトーナは中国語が話せる販売員を百貨店や貴金属店に派遣して、「淘宝網」にてライブコマースを実施しています。

終了したライブコマース ・サービス

CHIPS

CHIPSはDMMグループのピックアップ株式会社が運営するライブコマース・サービスです。現在はサービスを終了しています。

chips.jpg
PR TIMES
  • 運営会社:ピックアップ株式会社
  • 配信開始日:2017年10月
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)

ユーザーが自らライブコマースを実施できるサービスで、ファッション・コスメなど女性同士のコミュニケーションに特化していることが特徴です。

Laffy

「作りながら売ろう」をコンセプトとした、クリエイターのためのライブマーケットです。

laffy
Laffy
  • 運営会社:DeNA
  • 配信開始日:2017年4月7日
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)
  • ユーザー属性:女性
  • 販売商品:ハンドメイド
  • 配信者:誰でも投稿可能

Laffyはライブコマースのさきがけ的な存在で、ハンドメイドに特化したサービスです。2018年3月30日(金)をもってサービスを終了しています。継続的な運用が困難であることが、サービス終了の理由です。

PinQul

現役東大生が創業した株式会社Flattが運営するライブコマースアプリです。

pinqul-image
PR TIMES
  • 運営会社:株式会社Flatt
  • 配信開始日:2017年10月5日
  • サービス形態:アプリ(キュレーション型)
  • ユーザー属性:10~20代、女性が多い
  • 販売商品:アパレルの委託販売、インフルエンサーの私物
  • 配信者:マイクロインフルエンサー

PinQulはライブコマースが日本で盛り上がり始めた早い時期に提供開始されたサービスです。LiveShop!と比較されることも多く、LiveShop!が有名人・モデルを配信者としているのに対し、PinQulはマイクロインフルエンサーをメインの配信者としています。現在はサービスを終了しています。

メルカリチャンネル

2018年2月1日放送の「スッキリ」でも紹介されるなど、ライブコマース・サービスで最も知名度の高いサービスです。MAUが多く、多くのライブの閲覧者を確保できます。マイナビティーンズラボが実施したライブコマースの認知度・利用経験に関する調査では、認知度・利用経験ランキング1位を獲得しています。

mercari
mercari
  • 運営会社:株式会社メルカリ
  • 配信開始日:2017年7月31日
  • サービス形態:アプリ(ECモール型)
  • ユーザー属性:20~40代、女性が多い、30~40代に強み
  • 販売商品:アパレル、子ども用品、食品
  • 配信者:タレント、一部の一般ユーザー

メルカリ自体はフリマアプリなので、メルカリチャンネルもフリマアプリ的な親しみやすさをもつライブコマースサービス。当然一般人も配信できますが、法人も配信可能でした。
配信コンテンツも様々で、ライザップや夢展望などの有名企業の配信、ライブ中に小松菜などの野菜を収穫して販売する福岡市の農家「大和農園」の配信、CDの実演販売を行うクレイジーケンバンドなどミュージシャンの配信があり盛り上がりを見せていました。

現時点では、マネタイズ(収入)を目的とした配信よりも、フォロワーを増やして知名度を上げるために格安での販売する動きが目立ていましたが、現在はサービスを停止しています。

まとめ

ライブコマースは視聴者とコンテンツ(商品)のマッチングが非常に重要です。その商品に親和性が高く、商品に興味があるユーザーにライブを見てもらうことができなければ、商品は購入されません。その意味でも、アプリのサービスを選ぶ場合は、そのサービスのユーザー層が貴社の商品にマッチしているかを調べる必要があります。

一方、自社サイトでライブコマース実施する場合は、既存顧客が動画を閲覧するため、購入へのハードルは低いことが一般的です。

PR:ライブコマースのことなら「Moffly」。ライブコマースのノウハウをお伝えしています。

株式会社Mofflyの提供する「TAGsAPI」は自社ECにライブコマース機能を導入できるクラウド型ライブコマース・サービスです。数行のコードをHTMLに書き加えるだけでライブコマース機能を実装できます。

お問い合わせはこちらから

pr2plus-2-04