TAGsAPI

 

商品ジャンル別ライブコマース・コンテンツのベストプラクティス紹介

2021/01/03

こんにちは。今回は商品ジャンル別にどのようなライブコマース・コンテンツが効果的かを紹介していきたいと思います。ライブコマースの活用が盛んな業種はアパレルとコスメです。それ以外にも家電やジュエリーなどの業種でもライブコマースを取り入れている企業があります。

本稿では、アパレル・コスメ・その他商品の3つの商品ジャンルに分類して、それぞれの商品ジャンルにどのようなライブコマース・コンテンツが適しているか、ベストプラクティスを紹介します

pr2plus-2-04

アパレル

アパレルは、ライブコマースに於いてカジュアルなコミュニケーションが適した商品ジャンルです。販売員の方が複数人で出演し、紹介する商品の使用方法やコーディネート方法などについてトークをするコンテンツが主流です。スタンディング姿勢での撮影が多いのも特徴です。ゲストをお迎えしたり、セールの時期に合わせたコンテンツを作成したりと、ユーザーに楽しんでもらえる工夫をしている企業様が多い印象です

コスメ

モデルさんとアーティストの方が出演し、メイク方法を紹介するコンテンツが主流です。座りの姿勢での撮影が多いのも特徴です。メイクの良さやメイクによる変化がお客様に伝わるよう工夫している企業様が多い印象です

その他

このジャンルには家電やジュエリーが分類されます。特徴としては、テレビ通販でもよく扱われるジャンルである点です。テレビ通販のように、説明に長けた方が出演し、機能やディテールを紹介する企業様が多い印象です。

最後に

今回は、商品ジャンル別ライブコマース・コンテンツのベストプラクティスとして、商品ジャンル毎にどのようなコンテンツが適しているかをご紹介しました。ライブコマースの売り上げは「集客数x購入率=売上」の式で決まりますので、ライブコマース・コンテンツは集客数・購入率の両方を高めることを意識して作る必要があります。継続的に集客数を高めるためには、お客様にライブを見るインセンティブ(動機付け)が与えられるコンテンツを作成する必要があります。また、継続的に購入率を高めるためには、お客様に商品の魅力が伝わるコンテンツを作成する必要があります。このような視点を意識してコンテンツを作ることで、ライブコマースを成功させることができます。

お問い合わせはこちらから

pr2plus-2-04