TAGsAPI

 

コスメ業界必見!ライブコマースで失敗しないためのコツ4選【事例あり】

2021/07/28

昨今、大きな注目を浴びているライブコマース。アパレルやフード分野などさまざまな領域で導入が進んでいますが、コスメ・美容領域もそのひとつ。

専門家からのアドバイスが求められ、使い方のレクチャーのニーズが強いコスメ・美容はライブコマースとの相性が非常にいい商材です。今回は、そんなコスメ領域でライブコマースを成功させるためのコツをご紹介します。

ライブコマースとは?

ライブコマースとは「ライブ」と「コマース(ネットショッピング)」をかけ合わせた言葉です。視聴者は、ライブ配信を見ながらオンラインで商品を購入できます。

ライブコマースでは、販売者にリアルタイムで質問やコメントを投げかけることも可能です。実際の売上に繋げるだけではなく、ブランドの認知向上やファンのロイヤリティの向上にも繋がります。

コスメ領域でライブコマースを行う場合のコツ

コスメ領域でライブコマースを行う場合、どういったポイントに気をつけるべきなのでしょうか?

今回はおさえておくべきポイントを4つに分けてご紹介します。

課題解決型の配信を目指す

コスメに限らず、ライブコマースを行う際には「商品をそのまま説明するのではなく、商品の使い方を提案する」ということに気をつけるべきです。

商品の概要やスペックなどを語るのではなく、「どういうシチュエーションでどう使う商品なのか」「どういう人がどういう目的で使うのか」といった使い方を提案することを心がけましょう。

また、コスメの場合は「実際にモデルにメイクをする」「ユーザーのお悩みを募集してそれに合わせたメイクを見せる」なども有効です。コスメは他の商材に比べて「小顔に見せたい」「目を大きく見せたい」などユーザーの課題がハッキリしている傾向にあるので、その中から紹介する商品にもっとも合う課題を選び、配信の内容を組み立てていきましょう。

商品に詳しい配信者を選定する

商品を紹介する場合、商品メーカーの担当者や販売者が話すのではなく、専門知識がある第三者が話した方が説得力があるというのは多くの方がご存知でしょう。

コスメの場合は「メイクアップアーティストをキャスティングする」「インフルエンサーをキャスティングする」といった方法によって、説明の説得力が増します。

またライブコマースの場合、ユーザーからリアルタイムでコメントが寄せられます。それに対して的確な説明できる方や、その場でメイクを実演できる方を選ぶのがおすすめです。

スタジオのライティングにこだわる

コスメの場合、実際の仕上がりの様子や色味がユーザーにきちんと伝わることが重要です。

カメラや音声マイクといった機材ももちろん重要ですが、同様に重要なのがライティングです。ライブコマースの場合、多くは店舗やオフィスで撮影を行うことが多いかと思いますが、オフィスでは光量がやや足りないことがあるので予めテスト配信などして明るさを確かめましょう。

また、光量だけではなくライティングの色味も重要です。ライトにそもそもの色がついている場合、商品の色が正しく伝わらないことがあります。色味がついていないライティングを確保できる場所を選ぶ、カメラのホワイトバランスで調整するといった作業を忘れないようにしましょう。

質問を丁寧にひろう

配信の際、ユーザーから寄せられたコメントはできるだけ丁寧にひろうことが大切です。すべてをひろう必要はありませんが「肌荒れの心配はありませんか?」「マスクをしても大丈夫ですか?」といったユーザーからの質問には丁寧に答えていく方が、ファンのロイヤリティ向上や売上向上に繋がります。

また、コメント欄が盛り上がった商品は売上もあがる傾向にあります。ライブコマースの配信中だけではなく、アーカイブの売上にも繋がるので、できるだけユーザーとの対話を心がけるようにしましょう。

コスメの配信事例「meeeco」

実際にコスメのライブコマースを実施している例としては、三越伊勢丹の化粧品オンラインストア「meeco」があります。

meecoでは、インフルエンサーやメイクアップアーティストを起用した配信を行っています。また、実店舗の強みを活かしたポップアップストアとのコラボレーションも行っており、SNSとの相乗効果で店舗への集客効果もあったそうです。

新商品などを中心に、ユーザーのためになるコスメの使用方法を届けているmeecoのライブコマース。コスメ領域でライブコマースを行っていく上で、参考にできる点は多いと言えそうです。

まとめ

中国だけでなく、日本でも急成長しつつあるライブコマース。成功するためには、配信の頻度や集客だけではなく、ポイントをおさえた配信が必要です。

TAGsAPIでは、自社ECでライブコマースを行いたいクライアント様向けに、配信ツールと専任コンサルタントによるサポートを提供しています。

ライブコマースについてもっと知りたい方、実施しているものの成果がなかなか出ない方、まずは資料だけでも見たい方、ぜひお気軽にお問い合わせください。

運営会社

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目6−5