TAGsAPI

 

ライブコマースでおさえておくべき制作ポイント4選

2022/04/11

ライブコマースで売上をあげるためには、動画制作が重要です。

この記事では、制作にあたっておさえていくポイントをご紹介します。

視聴者とのコミュニケーションを大事にする

ライブコマースが、商品の説明動画やECサイトと異なるのは、リアルタイムで視聴者とコミュニケーションができるという点です。

この出演者と視聴者のコミュニケーションは非常に重要で、売上にもつながります。

配信中は視聴者は積極的にコミュニケーションを行ない、コメントや質問はできるだけ丁寧に答えていくようにしましょう。

商品は「魅力がはっきりと言えるもの」を選ぶ

ライブコマースで扱う商品を選ぶ際に、まず気にするべきなのは「配信に合っているかどうか」です。

視聴者が熱心なファンが多いのであればファンに人気の定番商品を選ぶ、若い人が多いのであれば購入しやすい商品を扱うといった配信にあわせた選定をしていきましょう。

また、出演者が自信を持っておすすめできる商品の方が、配信のクオリティが安定する傾向にあります。視聴者からの反応もよくなりますので、はっきりした魅力を持つ商品を選びましょう。

商品の知識が豊富な出演者を選ぶ

出演者を選ぶ際、ファンが多い人を選びたいという配信者は多いです。もちろん、それも重要ですが最も重要なのは「商品の知識が豊富であること」です。

ライブコマースでは視聴者から次々と質問が来るので、適切に答えるためには豊富な商品知識が必要です。また、具体的な商品の使い方を提案できる方が売上があがるため、出演者の決定の際は意識しましょう。

実際のスタジオでリハーサルを行なう

ライブコマースは生配信のため修正ができません。商品のポイントを言い忘れたり、話の組み立てを確認したりするためにも、入念にリハーサルを行いましょう。

また、可能であれば台本の制作も行いましょう。ライブコマースでは生っぽさが重要なため、台本は必須ではありません。

しかし、台本を作ることでチームで配信内容をイメージすることができます。スタッフとキャストで共通認識を作るために、余力があれば作成するのがおすすめです。

ライブコマースでは、こういったポイントをおさえて、適切に動画制作を行なう必要があります。または、ノウハウのある制作会社に発注するという選択肢もあるでしょう。

TAGsAPIでは、ライブコマースを専門に動画制作を行なっています。ぜひ一度気軽問い合わせてみてください。